住友林業My Forestで建てました♪


by alian0826
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

隠蔽配管の配管の対処

先日、隠蔽配管にしたら・・・えっ!?の日記にかなさんより、
こうコメントがありました。

かなさん邸の生産担当の方曰く、
 「この状態での放置はありえない」
 「すぐにエアコンを取り付けるということなら考えられるけど、
 そのうちということなら、必ずカバーを取り付けます。」
だそうです。
 
えぇ~っ!そ・・・そうなの??
 なんで我が家はこれで放置なんだ~!


と、言う訳でさっそく我が家の生産担当に問い合わせメールをしてみました。

後日、生産担当から電話がかかってきたのですが、
ここ群馬では、カバーを付けずあの状態で引渡しをするのが通常らしいです。
他所の支店ではカバーを付ける事があるかも知れないのですが、
それは見積りに入っているのでしょう。との事。
と言う事は、我が家がカバー付けるとなるときっと自腹なんだろうなぁ。

エアコン屋さんに聞いたところ、配管カバーを付けることは可能らしいのですが、
まっすぐに出ている配管を90度曲げてカバーを付けるので、
中の金属も曲げる事になり
あまりお勧めはできないそうなのです。

 う~んっ、確かに配管を曲げるのは嫌だなぁ・・・

 困った・・・

旦那は1年に1台設置していこうと思っているようなので、3年の我慢か??

とりあえず、カバーはもうちょっと考えてから付けるか付けないか返事しますと伝えておきました。

それと、我が家の基礎の水抜き穴はただ塞ぐだけなのですが、はなさんのところは、防蟻剤入りのコーキングで塞ぐそうです。
そう言えば、はなさんのところは生コンの受け入れ検査も住林の方でやってくれてましたよね。
我が家の場合はこちらからお願いして検査してもらったので自腹でした!

支店によってこうも違うのですね~。
同じ住林でも支店によって見積りが高い安いがあるんだろうなぁって思いました。
だって、きっとこれみんな見積もりに入っているんですよね。

ポチップチッと応援お願いします♪
ブログ村 住まいブログへ  人気blogランキングへ
[PR]
by alian0826 | 2007-03-21 23:00 | 住んでから・・・